コンビニダイエットの強すぎる味方。「もずく酢」を薦める3つの理由。

スポンサーリンク

これだけはチェック!
効かないサプリとはこんなに違うなんて。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コンビニのなかでも「惣菜」近辺のエリアは、栄養価&低カロリーを両立している食材が多い場所。そしてそんな中でもずば抜けてお勧めなのが「もずく酢」。そんなもずく酢の効果を紹介していきます。どこのコンビニにもたいていおいてあり、3パック100円ちょっとで買えるモズク酢は、毎食に是非ともプラスして欲しい一品です。

ダイエットモズク

モズクがダイエットに良い理由

もずく酢がダイエットになぜ役立つのか、それには様々な要素があります。もずくだけでも以下のような効果があるのですが、それに、もずくと同じような働きをする酢が加わることにより、さらに効果がアップしているのです。

1 もずくは便秘に効く!

もずくって食べるとぬるぬるしますよね。このぬるぬるが嫌いという方もいるかもしれませんが、このぬるぬる、実は水溶性食物繊維なのです。この食物繊維は十二指腸、小腸を通過していく間に、水分を吸収し膨張。そのまま大腸まで消化されずに届きます。その間に腸を刺激してくれるのです。腸の刺激し、消化を促進し、便秘を改善する、なんとも便利な一品です。

2 もずくは血糖値の上昇を緩やかにする!

食事をすると、血糖値が高くなります。すると、インシュリンが分泌され、各細胞にエネルギー源として糖を送り込むのです。しかし、細胞に糖が行き渡ってもまだ糖が残っている場合、インシュリンが残った糖を「脂肪細胞」に送り込み、脂肪が溜まり太るということが起こってしまいます。だから昨今、「低糖化だ!」「低インシュリンダイエットだ!」と騒がれているんですね。もずくには、水溶性食物繊維により、腸内をゆっくり移動するので、糖質の吸収をゆるやかにして食後血糖値の急激な上昇を抑えます。もずく+おにぎり、もずく+サンドウィッチのような食事、お弁当の場合は、モズクを最初に食べてから他のものを食べるようにしましょう。

3 もずくは悪玉コレステロールを体外に排出する!

水溶性食物繊維には、胆汁酸やコレステロールを吸着し体外に排泄してくれる素晴らしい働きがあります。この悪玉コレステロール、何が悪いのかというと、増加しすぎると、血管にたまってしまい、動脈硬化を進行させるなどの恐れがあるのです。ただし、コレステロールは悪者ではありません。本来、善玉コレステロールも悪玉コレステロールも大事な働きをしており、悪玉といわれるLDLは肝臓から体内で必要とする脳細胞、筋肉細胞、脂肪細胞などにコレステロールを運ぶ役割りを担い、善玉といわれるHDLは各細胞から余ったコレステロールを回収し胆汁酸やホルモンやLDLとして、再利用できるようにしています。あくまで、不要な悪玉コレステロールを・・ということを忘れないでください。

4 もずくを食べるとおなかがすきにくい!

水溶性食物繊維の効果はこんなことも!ネバネバしているため、腸内をゆっくり移動するので腸を刺激する、ということを記述しましたが、それ以外にも「お腹が空きにくい」という素敵な効果があります。体内で地道にがんばってくれるだけでなく、感覚的にも満足させてくれるとは、なかなかやる食べ物ですね。

もずくはダイエット効果以外にも、胃潰瘍の原因となるピロリ菌をやっつけたり、がん細胞を増やさないようにがんばったりする「フコダイン」という物質が含まれています。このフコダイン、もともと体にいらない細胞を自滅に追いやるという、たくましい物質。アレルギー症状の緩和にもつながるみたいですので、ダイエットが終わっても食べ続けたいですね。

メカブはダイエット食!おいしくて低カロリー・低炭水化物で大満足。
モズクと同様にダイエット効果の高いのが「メカブ」。こちらもダイエットにはとってもおすすめですのでチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

これだけはチェック!
効かないサプリとはこんなに違うなんて。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

スポンサーリンク
低炭水化物 コンビニおでん
コンビニダイエットとあわせて糖質制限ダイエットも勉強してみましょう。相性がよければ効果をより感じる事ができるはずです。 姉妹サイト:糖質制限ダイエット 糖質制限ダイエット
コンビニ+ひと手間でおいしく!
カスタムメニュー
さらにどうしても同じラインナップで飽きてきてしまうコンビニ食ですからカスタマイズも追及したいところです。これは正解だったというカスタマイズをご紹介します。
gogogogo