【吸収 ビタミンの場合】~消化・吸収・消費の仕組みを理解すればダイエットはもっと簡単に~

スポンサーリンク

これだけはチェック!
効かないサプリとはこんなに違うなんて。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

体に必要な栄養素のなかで重要なのがビタミン。

ビタミンは、お肌に良いというイメージが強いですが、もちろんそれだけではなく、糖質、脂質、タンパク質の代謝をする際の潤滑油になるという大事な役割りが。

潤滑油がないと、代謝の効率が悪くなってしまうので、ダイエットとも関係があるのです。

他には、血液、皮膚、骨、粘膜の健康を維持して、新陳代謝を活発にする働きなども行う重要な栄養素なのです。

ビタミンの種類

ビタミンはAとかCとか色々と種類がありますよね。実際には13種類のビタミンがあり、それぞれ体内で重要な役割りを担っています。

大きく分類すると、水溶性のビタミンと、脂溶性のビタミン。水溶性は水に溶け、脂溶性は油に溶けます。

水溶性ビタミン

その名の通り、水に溶けるビタミンです。体内に摂取された水溶性ビタミンは腸で吸収されたあと、各器官に回りますが、いらないものや吸収されなかったものはそのまま尿などで排出されてしまいます。気をつけたいのが料理。ゆでた野菜なんかを食べてビタミンを摂取したつもりになっていても、お湯のなかに流れていってしまいます。そのまま食べるか、スープなどで満遍なくとりましょう。

ビタミンB1 機能:糖質代謝の補酵素、神経機能維持に機能。
不足:疲労感、食欲不振などが起こります。
ビタミンB2 機能:糖質・脂質・たんぱく質代謝の補酵素に機能。
不足:口内炎、目の充血、皮膚炎などが起こります。
ビタミンB6 機能:アミノ酸代謝の補酵素、神経伝達物質合成
不足:肌荒れ、女性ホルモンアンバランスなどが起こります。
ビタミンB12 機能:赤血球など造血、神経機能維持
不足:悪性貧血、神経系・睡眠障害、消化器官の障害などが起こります。
ナイアシン 機能:糖質・脂質・たんぱく質代謝の補酵素
不足:皮膚炎、食欲不振 などが起こります。
パントテン酸 機能:糖質・脂質・たんぱく質代謝の補酵素
不足:頭痛、皮膚炎などが起こります。
葉酸     機能:赤血球など造血、胎児先天異常予防
不足:下痢、舌炎などが起こります。
ビオチン 機能:糖質・脂質・たんぱく質代謝の補酵素
不足:筋肉痛、脱毛、疲労感などが起こります。
ビタミンC 機能:コラーゲン合成、組織の強化、抗酸化作用
不足:食欲不振、歯茎出血などが起こります。

脂溶性ビタミン
油脂やアルコールに溶ける性質を持つビタミン。腸で吸収されたビタミンは、そのまま体内をまわって余った分は肝臓に蓄積されてしまいます。たまっていくものなので、とりすぎると頭痛や吐き気の原因となってしまいます。

ビタミンA 機能:網膜色素成分、皮膚・粘膜維持、抗がん作用
不足:皮膚乾燥、暗順応低下などが起こります。
ビタミンD カルシウム吸収と骨の成長促進、血中カルシウム濃度調節
不足:骨軟化症、骨粗しょう症などが起こります。
ビタミンE 細胞膜の酸化や過酸化脂質の生成防止、老化予防
不足:貧血、動脈硬化やがん、冷え性、肩こり、しみなどが起こります。
ビタミンK 血液凝固、カルシウム結合、たんぱく質生成
不足:出血時に血が止まりにくい、骨粗しょう症などが起こります。

それぞれ、必要なビタミンですので、きちんと摂取することが大切です。ダイエット中なので栄養がおろそかになりがちですが、そこは食べるものを気をつけてカバーしましょう。

【脂肪になる栄養素】
【吸収 炭水化物の場合】
【吸収 脂質の場合】

【脂肪にならない栄養素】
【吸収 タンパク質の場合】
【吸収 ミネラルの場合】
【吸収 ビタミンの場合】

→「消化と吸収と消費」をわかりやすく説明!食に対する意識が変わるかも。のTOPへ戻る

スポンサーリンク

これだけはチェック!
効かないサプリとはこんなに違うなんて。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

スポンサーリンク
低炭水化物 コンビニおでん
コンビニダイエットとあわせて糖質制限ダイエットも勉強してみましょう。相性がよければ効果をより感じる事ができるはずです。 姉妹サイト:糖質制限ダイエット 糖質制限ダイエット
コンビニ+ひと手間でおいしく!
カスタムメニュー
さらにどうしても同じラインナップで飽きてきてしまうコンビニ食ですからカスタマイズも追及したいところです。これは正解だったというカスタマイズをご紹介します。
gogogogo